何故バレる?カードローンのキャッシング

バレない.カードローン

カードローンを利用する場合、家族に知られたくないのはもちろん、職場や、できるだけ周りの人にバレたくないと思う人がほとんどだと思います。でも大丈夫です。家族にも職場にも知られずにカードローンキャッシングを利用できる方法があります。
金融機関側もそのような顧客のニーズに対応していて、いくつか新しいサービスが提供されています。おすすめはインターネットのみでの申し込み(WEB契約)は家族や知人に内緒でカードローンを利用したい人には最適のサービスだと言えます。

この理由でバレるベスト3
在籍確認でバレる

カードローンを申し込んだ審査時に、本人が届け出た職場で本当に働いているかを確認するため、職場へ在籍確認という電話が掛かってきます。貸す側も会社名は名乗らず、個人名を名乗るなどの配慮はしてくれますが、電話を取り次いだ人が勘が良かったりすると気づかれないとは思っていても、「たぶんキャッシング関係の電話だな」と解ってしまう事もあるでしょう。

利用明細書でバレる

利用明細書は法律で必ず発行しなければいけないと決まっており、自宅に明細書が郵送されると家族には簡単にバレてしまいます。しかし最近では、利用明細書を自宅に郵送しなければならないと言う必要は無く、利用明細書の受け取り方法は申し込みの際選べるようになっています。バレたくなければ、インターネット上でEメールなどの電子データとして受け取る方法を選択するようにすればOKです。

キャッシュカードでバレる

たまたま家族に財布の中のキャッシュカードを見られて、カードローンのキャッシングがバレてしまうこともあります。最近のサービスではカードが必要ないカードレスキャッシングサービスがあり、借入金を指定した銀行口座への振込みという形で受け取る事が出来るので安心です。

バレずに借りるインターネットの「WEB契約」

インターネット上でWEB契約をしても、申し込み時の選択を間違えてしまうと、後日キャッシュカードと契約書が郵送されてきて、家族が受け取ってしまえば即バレしてしまいます。最近ではインターネット上でWEB契約を行っている金融機関の中には、職場への在籍確認の電話連絡なし、自宅への郵送物もなしでカードの発行も無く、全ての手続きや連絡をインターネット上で済ませるサービスを行っている所も増えてきました。申し込みの際には、選択を間違えないようにしっかりと確認して手続きを擦るようにしましょう。