キャッシングとカードローンはどこが違うのでしょうか?

キャッシングもカードローンも、基本的に現金を借りるという事は同じなので、明確な、定義はありませんが、一番の違いは、返済の方法ではないでしょうか。
あえて、区別して、返済の違いについて区別をしてみると、以下のように区別することも可能です。


カードローン

いつでも返したい金額返せるが、毎月決まった日時までに決められた金額を返済していく分割返済になる。消費者金融のキャッシングもカードローンともいうので、必ずしも分割返済と言うわけではなく、一括返済の場合もある。

キャッシング

原則翌月に一括返済しなければならない。ただし、カードローンでの出金もキャッシングというので、分割返済の場合もある。クレジットカードのキャッシング機能を使ってのキャッシングの場合、通常は一括返済です。

取扱い

カードローンは、主に銀行が取り扱っている。銀行系の会社は、カードローンと、キャッシングと両方おなじような取り扱いだったり別商品だったりする。信販会社は、クレジットカードにキャッシング機能を付けている場合が多い。

金利について

若干カードローンの方が金利が安くなっています。特に下限の金利は、キャッシングと比べてかなり低いです。
ただし、その銀行で、他のサービスを利用している際に適用されるので、その点は注意する必要があります。

今すぐ借りたいとき

直ぐにお金が必要で借りたいときは、ノンバンク系のカードローンであれば即日審査、即日キャッシングに対応できることが多いです。
銀行のカードローンは、時間がかかるので今すぐにお金を借りたい場合は不向きです。

結論として、区別は曖昧

結局のところ、あまり明確に区別することではないと思われます。
クレジットカード、ローンカード、その他の名称のカードでも、現金を金出せば、キャッシングといいますから、現金を引き出す行為は全てキャッシングととらえていいでしょう。