カードローンで借りたお金の返済方法

カードローン返済.方法

事業性資金以外であれば自由な目的で使用できるカードローンは、審査時間が短いことが最大の特徴で、急いでいる時には非常に便利であり、利用している人も増えてきています。カードローンの特徴にに共通しているのは、融資を受けた金額に利息を加えて返済するということで、その返済方法にも多くの種類があります。その中でも最も多く採用されている返済方法のひとつに、リボルビング払いという返済方法があり、これは元本に応じて利息がかかるという仕組みになっています。

カードローンの主な返済方式
リボルビング払い

返済する元本に応じて利息がかかるので、借入残高が減っていけば支払利息も減っていきます。
リボルビング払いにも多様な返済方式がありますが、大きく分けると次の3方法に分かれます。

  • 定率リボルビング方式
  • 定額リボルビング方式
  • 残高スライドリボルビング方式

「残高スライドリボルビング方式」は、借入残高によって段階的に決められた金額を毎月返済する方法ですが、「残高スライドリボルビング方式」の中で、「残高スライド元利定額リボルビング方式」と言う方式があり、この方式は元金が減少しにくいと言うデメリットがありますが、限度額内なら何度でも借りて返せる事を繰り返し行えることで、カードローンを利用する上で、最も使い勝手がいい返済方式ということで、多くのカードローンに採用されていて返済方式の主流となっています。

リボルビング払いの情報については、こちらの記事が詳しいのでお勧めします。

リボ払いの利用残高が増えたら借り替えよう

元利均等払い

利息と元金を合わせた返済金額を、毎月一定の返済額で返済していく方法です。長期的に返済する場合に計画的に支払えるメリットがあり、住宅ローンの返済などではいちばん多い方法ですが、返済当初は利息をおもに返すことになるため、元金が減りにくいという面があります。

元金均等払い

毎月の返済額が返済が進むほど減少していく返済方式です。返済期間中は支払元金がずっと一定なのですが、利息は元金の減少にともなって減っていくので、毎月の返済額が減っていきます。カードローンでは途中で借り足すことが多いことも有るので、あまり見かけない返済方式です。

分割払い

カードローンの分割払いは、借り入れた元金にかかる利息が、そのまま元金に上乗せされたものを返済回数に応じて分割されるので、通常減っていく元本に対して金利がかかる方式にくらべ、総支払額が大きくなると言う面があります。またカードローンの利用ごとに再計算され、返済が大変になってしまうため、カードローンではほとんど採用している所はありません。

「約定返済」と「随時返済」とは?

毎月決まった日に、一定額を返済していくというのがカードローン返済方法の基本で、「毎月の決まった日」というのが約定日といわれるもので、これを約定返済といいます。約定日は、一般的に金融機関で決められているのですが、契約時に利用者が任意で決める場合もあり、35日ごとなど周期パターンを決めて約定返済する場合もあります。約定返済の反対語が随時返済ですが、債務者がすべて随時返済をする事になると、貸金業者は計画的な経営ができなくなってしまうので、約定返済が基本となっています。

繰り上げ返済は重要

効果的に借入残高を減らしていく方法として、余裕のあるときなどには繰り上げ返済をすることも大事です。随時返済のひとつが繰り上げ返済なので、カードローンの効率的な返済方法は約定返済と随時返済をうまく組み合わせることが大切だと言えます。リボ払いカードローンは、随時返済で元金を減らすことで利息も減らしていけるので、ある程度元金が減ってきた時点で、元金一括返済を検討しましょう。カードローンの返済は、約定返済をきちんと繰り返すのが基本ですが、効果的な繰り上げ返済(随時返済)も併用して返済するようにしましょう。