カードローンの過払い金は取り戻せる

カードローン.過払い

カードローンで払いすぎたお金は戻ってくるのでしょうか?カードローンを法定金利を超える金利で借りて返し続けていたとしたら、利息の払い過ぎが発生しいてる可能性があり、この場合は過払い金返還請求をすれば、交渉によって戻ってくることもあります。ただし、利用しているカードローンが法定金利内のものだと、過払い金は発生していません。つまり、利用しているカードローンの金利が、法定金利を超えていた場合に、過払いが発生するということです。

なぜ過払い金が発生するのか?

現在の利息制限法による法定金利では、10万円未満→20.0%、10万円以上100万円未満→18.0%、100万円以上→15.0%が上限金利となり、カードローンの適用金利がこの法定金利の範囲内なら過払い金は発生しません。2006年12月に貸金業法の改正案が施行され、現行の法定金利になったので、これ以前のローン契約には、法定金利を超えた高金利で貸付をおこなっているものもあり、過払い金が発生したわけです。

過払い請求をするには?

ここの所過払い金請求が拡大したのは、貸金業者から過払い金が戻ったりする訴訟例が出だしたことがきっかけです。では過払い金を請求するにはどうすれば良いのでしょうか?
自分で行うこともできますが、時間と専門知識などがかなり掛かり現実的には難しいので、債権者との交渉を弁護士か司法書士に委任し、裁判所を通さない債務整理の「任意整理」を進めるのが一般的です。弁護士や司法書士に任意整理を委任すれば費用が発生しますが、費用や弁護士報酬は、債務整理後、分割払いで対応してくれるところがあります。

 

任意整理の交渉には時間がかかり、貸金業者によっては過払い金返還まで持ち込めない場合もあり、過払い金返還を成功させるには、弁護士や司法書士の能力が大きく影響するので、どこの弁護士や司法書士に依頼するかで決まってくると言えます。