定年までに終わらせたい住宅ローン

住宅ローン.返済増額

住宅ローンは人生で最も大きな支出と言えます。住宅ローンを返済中で子供が居れば、住宅と教育資金のために、老後の資金を貯める事すら難しい方は多いことでしょう。しかし子供が社会人になって、教育費が掛からなくなれば、教育費に充てていた資金を老後の資金作りにしたいと考えるのは当然ですが、住宅ローンを返済中であれば、住宅ローンの返済に充てるようにして、なるべく早く定年退職までに完済するようにしましょう。

子供が社会人になったら返済額の増額を検討しよう

資金に余裕があるときなどは、それを貯めておき、繰り上げ返済に充てようと考える方は多い事でしょう。しかし、子供が社会人になって、今後は掛からない教育費分を繰り上げ返済に充てようと思っているのであれば、繰り上げ返済ではなく返済額の増額を検討するようにしましょう。

 

返済額を増額するメリット

最近は特に、預貯金の金利よりもローンの金利のほうが高く、繰り上げ返済のためにまとまった金額になるまで貯めている間も、預貯金の金利よりも高いローンの金利がかかっているからです。
毎月の返済額を増額すれば、繰り上げ返済よりも返済期間を短縮することになり、効率よく返済ができるので、定年退職までに住宅ローンを完済することも不可能ではありません。

 

住宅ローンの借り換えと言う手もある

返済額の増額をして、期間がどのくらい短縮できるのかは、住宅ローンを利用している金融機関で試算してもらうことができます。また、金利が高い時に全期間固定金利で住宅ローンを組んでいる場合は、住宅ローンの借り換えをしたほうが、返済額の総額を少なくすることが出来ます。しかし、他の金融機関で借り換えるとした場合などは、手数料や経費に数十万円程の支出が必要なので、どちらが有利に返済できるのか、シミュレーションしてみることが大切です。