目的別ローンで上手にキャッシング

目的別ローン

消費者金融や銀行が取り扱っているローンやカードローンなどに、使用目的が自由な「フリーローン」と、使用目的が限定される「目的別ローン」の二種類があります。
目的別ローンには取り扱っている金融機関ごとに、住宅ローン・マイカーローン・教育ローン・旅行ローン・ブライダルローンなど、商品の内容が多様な点が特徴です。
目的別ローンは、フリーローンとは異なり、仕様目的以外で使うことができません。それでは、目的別ローンの特徴とはどこにあるのでしょうか?

目的別ローンの特徴

原則として目的別ローンは、貸金業者が利用を確認するために資金使途証明書の提出、または、購入先への直接入金が条件となっていて、審査基準はフリーローンよりも厳しい傾向にあります。
そのため、インターネットからでも簡単に融資の申込みが出来る、フリーローンのように誰でも気軽に借りられる手軽なローンでは無く、またその日に審査結果がわかるというものでもありません。
しかしその反面、目的別ローンは使途を限定し審査を厳しくすることにより、フリーローンよりも低い金利で借りられるというメリットがあります。
また、一概には言えませんが目的別ローンは、金融機関ごとに商品の内容が違い、手続きに時間がかかり借りにくいローンほど、金利設定が低い傾向にあるため、手続きは面倒ですがフリーローンで借り入れるよりも、断然お得なローンだと言えます。
では、主な目的別ローンはそれぞれどのような特徴があるのでしょうか?

住宅ローン

一生で一番大きな買い物と言われるマイホーム購入の際、ほとんどの方が利用するのが、住宅ローンです。住宅ローン金利には、固定金利と変動金利があり、そのどちらを選ぶかによって、その後の支払い金額が大きく変わってきますが、選択のポイントは、借り入れ時期の金利が過去の金利と比較してかなり低い場合は「固定金利」を選べば将来的に金利が上昇しても、変動金利で組むよりもお得になる場合があります。

自動車ローン

主に車の購入や買い替え時に使い、他には車検や自動車修理、免許取得費用にも使用できる、自動車ローンを扱っている金融機関もあります。
自動車ローンの金利は、どの金融機関でもあまり金利の差はありませんが、金融機関によっては新車購入の場合にのみ優遇される商品もあるので、新車を買うときには探して見ましょう。

教育ローン

子供のために使う教育資金を準備するため、入学金や授業料などの学校に納めるお金のほか、受験にかかる費用や在学中に必要な教材費などの費用に利用することができます。国の日本政策金融公庫国民生活事業の運営する教育ローンが有名で、銀行や信販会社でも教育ローンの取り扱いはあります。

 

この他にも、結婚に関係した引っ越しや、新婚旅行に使えるブライダルローン、大型家電の購入に使える家電ローンなど、金融機関ごとに色々な目的別ローンがありますので、使用目的が決まっていてある程度の費用が必要な場合は、専用の目的別ローンを探して賢く活用しましょう。