共働きで住宅ローンを組むなら「夫婦ペアローン」がお勧め!

ローン.夫婦

共働きの夫婦がマイホームを共同で購入する場合、住宅ローンの借り入れパターンは、大きく分けて「収入合算」と、「夫婦ペアローン」の2つがあります。

収入合算

夫が単独で申し込み妻が「収入合算者(連帯債務者か連帯保証人)」となる

夫婦ペアローン

夫婦が別々に借りてお互いの連帯保証人となる

収入合算とは?

収入合算」とは、夫の収入に妻の収入を足して住宅ローンを申し込む方法で、申告する収入が多くなるので審査は通りやすくなります。
収入は夫婦の収入を合算するのですが、夫が単独で住宅ローンを申し込むことになるので、住宅ローン(債務)は1本だということになります。
最近低金利で住宅ローンの借り換えにも利用が増えてきた「フラット35」は連帯債務型ですが、民間住宅ローンは連帯保証型が多いので、しっかり確認する必要があります。
住宅ローンの種類や金融機関によって、どちらのタイプを取り扱っているのかを確認する事が大切です。

収入合算のチェックポイント

収入合算で住宅ローンを検討する場合、どこに気をつければいいのでしょうか? 
それは「団信への加入(※1)」が出来るのかと言う事と「住宅ローン控除(※2)」が受けられるのかと言う事です。連帯保証型の住宅ローンでは、妻はローン控除が受けられず、団信にも入れないため、連帯保証型の住宅ローンを扱う金融機関では、ローン控除も団信もクリアできる「夫婦ペアローン」を利用したほうが賢明な選択だといえます。

(※1)住宅ローン専用の生命保険。住宅ローンを組んだ人が死亡(高度障害状態)の際、残金分の保険金が支払われる
(※2)住宅ローン残高に応じた一定額が最大10年間、所得税などから差し引かれる(還付される)制度

夫婦ペアローンとは?

ペアローンとは、夫と妻がそれぞれ自分の収入をもとに、1つずつ住宅ローンを借りる方法で、世帯としての住宅ローン(債務)は2本ということになります。
夫婦ペアローンなら、夫婦ともにローン控除の恩恵も受けられますし、夫も妻も団信に入ることができます。

ペアローンのデメリット
  • 収入合算と比べて、借りる際の審査のハードルが高い。
  • 妻の仕事がパートだと利用できず、年収が少ない場合も審査が通りづらい。
  • 登記費用や印紙税など、諸費用の負担が若干多くなる。
夫婦ペアローンのメリット
夫と妻の返済期間が違っても良い

夫の分を長めに借りて、妻のローンは「教育費負担が重くなるまでに完済」といった選択もできる。

夫と妻で異なる金利タイプを選べる

「長期的に考えて金利が低い変動金利を選択したいが、固定金利型のメリットも捨てがたくて迷っている」という場合、「夫は全期間固定金利型で、妻は10年固定」などのプランにすると、それぞれの金利タイプの「いいとこどり」ができる。

 

金融機関によっては「夫婦ペアローン」を取り扱っていなかったり、返済期間などが変えられなかったりする場合もあるので、事前に確認して下さい。