カードローンを延滞したらまずこれをやるべき!

カードローン.延滞.遅延

急な病気や事故などで、収入や生活の状況が突然変わってしまい、
「返す予定だったが返せない」、「引き落とし日に入金が間に合いそうに無い」ということで返済が延滞したり遅延したりする場合も起こり得ます。
返済が滞ってしまった場合、利用者にどんなデメリットが来るのでしょうか?また、その様な状況になった時はどのように対処すればいいのでしょうか?

「遅延」と「延滞」の違いとは?
「遅延」

支払期日から2〜3日後程度の遅れであれば、「自動引き落とし日に、たまたま口座に残高が無かった」と判断されそれほど問題にはならないでしょう。
カードローンの返済は支払期日までに入金が確認できなかった場合、手紙や電話などで催促が来る事になりますが、それまでに支払いが間に合えば、「遅延」扱いになりますが、催促したのにもかかわらず1ヶ月以上返済されない、もしくは新たに設定された返済期日までに返済が無ければ「延滞」になってしまう可能性があります。状況になれば、「返済能力が無い」、「返済する意思が無い」と受けとめられ金融機関からからは「要注意人物」の扱いとなってしまい、信用情報機関でブラックリスト入りになる場合も起こり得ます。

「延滞」

「延滞」は返済期日から長期的に返済がされなかった場合に用いられ、個人信用情報機関では「異動情報」として記録されることでもあり、「約定返済日より61日以上または3ヶ月以上支払が延滞しているもの」で、およそ2ヶ月以上返済が遅れれば「延滞」と言う事になり、「ブラックリスト入り」になるということです。

返済が遅れてしまいそうなときの対処法

「返済期日は分かっているが、現在手元にお金が無い」という場合には次の対処法を取りましょう。

  • 金融機関に状況を伝え、どうすればいいか相談する。
  • とりあえず、お金が入った時点で返済する。

返済日に間に合いそうもない場合は、遅れるとわかった時点ですぐにコールセンターに連絡するか、ローン会社によっては、会員ページから返済日の遅延連絡が可能な場合もあります。基本的に返済期日は厳守なので、それに遅れてしまった場合、ただ遅れることを伝えるだけではすみません。

  • 具体的な返済期日
  • 返済可能な返済額

「これこれの理由で返済が遅れそうです。○日には○円なら返済が可能になります」というようにできるだけ具体的に伝える必要があります。
オペレーターからその後どうしたらいいのかの提案がなされる場合があります。

カードローン遅延損害金が発生します

約定返済額にローン会社が定めた利率を追加で支払う延滞金を払う事になります。
遅延障害金は1日ごとに日割計算で加算され、遅延損害金は返済が遅れると金額がどんどん上がっていきます。毎月最少返済額で返済しても、遅延の返済では遅延日数分だけ遅延金を支払う事になります。
遅延損害金の利率は契約書に記載されており、一般的に20%程度で、低金利な銀行ローンでも遅延損害金年率は高めに設定されています。